メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホーム> 催し・イベント> 令和元年度法務省人権啓発活動地方委託事業 人権講演会「昔話 語りの文法とメッセージ」

令和元年度法務省人権啓発活動地方委託事業 人権講演会「昔話 語りの文法とメッセージ」

                 【入場無料】   【手話通訳あり】

日時

  令和元年7月6日(土) 午後1時30分~3時30分(開場午後1時)

場所

 岩出市立岩出図書館 大会議室

講師

 口承文芸学者  小澤 俊夫 氏

 昔話には、口伝えされてきたために、その語り口は、単純で明快という特徴がある。
 講演では、まず、その特徴を、具体的に解説する。昔話は道徳教訓の話であると思われがちだが、実は子供や若者が成長していくプロセスを語るものが多い。「三年寝太郎」や「わらしべ長者」の話を例として、具体的に解説する。「シンデレラ」も思春期の若者の揺れ動く姿を語っているのである。  

                   小澤 俊夫

プロフィール

1930年生まれ。小澤昔ばなし研究所所長、筑波大学名誉教授。日本女子大学教授、筑波大学副学長、白百合女子大学教授を歴任。1992年より日本各地で昔ばなし大学を主宰。また季刊誌『子どもと昔話』を刊行し、独自の昔話研究と実践を展開。昔話本来の語り口に基づいた昔話集『子どもに贈る昔ばなし』(小澤昔ばなし研究所)シリーズの刊行にも力を入れている。主な著・訳書に『グリム童話集200歳-日本昔話との比較』、『昔話からのメッセージ ろばの子』、『改訂 昔話とは何か』、『小澤俊夫の昔話講座①入門篇 こんにちは、昔話です』、『ときを紡ぐ 昔話をもとめて』上下巻(以上小澤昔ばなし研究所)、『昔話の語法』(福音館書店)、『グリム童話の誕生』(朝日新聞社)、『ヨーロッパの昔話 その形と本質』(岩波書店)等。2007年ヨーロッパ・メルヒェン賞(ヴァルター・カーン財団)受賞。2011年ドイツ・ヘッセン州文化交流功労賞受賞。
弟は指揮者の小澤征爾氏、次男はシンガーソングライターの小沢健二氏。

対象 

 一般

定員

 100名

一時保育

 無料(1歳から未就学児まで・定員あり・先着順)

申込

 6月8日(土)受付開始。岩出図書館カウンターまたは電話(℡0736-62-7222)にてお申込みください。

 一時保育をご希望の方は、6月28日(金)までにお申込みください。

 定員になり次第締め切らせていただきます。 

その他

*和歌山弁による昔話の語りもあります。
  和歌山おはなしの会 語りの森 吉川容子さん「扇之芝のたぬき」
                 小林ます子さん「紀和化けくらべ」

*6月1日(土)~7月30日(火)、小澤俊夫氏の著書や関連本を岩出図書館で展示します。

お問合せ・お申込み

 岩出市立岩出図書館まで     TEL 0736-62-7222